借金をしたのでプロミス過払い請求をしたい

 趣味にお金をつぎこみ借金することになりました。

 

趣味はギターなのですが次々に新しい物が欲しくなってしまい、いらなくなったものは売りそれを繰り返すうちに金銭感覚がおかしくなってしまいました。
最初はギターだけでしたが周辺の機材も良いものが欲しくなり次々と新しいものが欲しくなってしまい、お給料では足りなくなりました。
またバンド活動で移動などの経費がかさみますます出費が多くなっていきました。

 

もはや自分ではコントロールできないほどの物欲がありました。

 

 消費者金融から借りてみましたが金銭感覚のない私は返済も滞り督促も無視していたため状況は悪くなる一方でした。

 

また返済してもポストにまた借金の勧誘のチラシが届くようになりまた借りるといったことが続いていました。
最初は少額を借りていましたがだんだん膨らみ返すことが困難な金額になっていきました。
利息だけを返している状況で元金はほとんど減りません。

 

プロミス過払いを取り戻す!弁サポ
http://xn--n8jzb8h5a8n6i515ttxsmugkho737b.com/

 

 

 現在の状況は必死に働き返済している状況です、にもかかわらず借金は減りません。
現在では頼るあてもないのでどうしたものかと本当に困っています。
お金を借りたがために本当に困っています。
また本業だけでは返済ができないため副業としてアルバイトもしています。
現在ではギターも弾く時間が無く何のために借金をしたのか良くわからない状況になってしまいました。
今では痩せてしまい常に借金のことを考える毎日が続いていて本当につらいです。

エステのために35万円の借金を背負った経験

私は20代の頃にすごくかっこいい男性と出会って付き合うようになったのですが、あまりにもその彼が素敵だったので、自分も彼に釣り合うようにと死にもの狂いで努力しました。

 

でも自分の努力だけでは早急にきれいになれなかったので、エステサロンに通う事にしました。

 

エステサロンでさっそく10万円の痩身コースと10万円の美顔のコースを組む事にしました。

 

さらに家に居る時でもケアした方が早急にきれいになれるというアドバイスをエステサロンのスタッフの方に受けて、25万円のホームエステ器具を購入しました。

 

合計45万円必要になったのですが、あいにくその時に貯金が10万円しかなかったので、残りの35万円はエステサロンでフリーローンを組む事にしました。

 

いきなり35万円の借金が出来たのですが返済額は月に1万円にしておいたので、何とか少しずつですが返済していく事が出来ました。

 

でも返済におよそ4年ぐらいかかってしまいました。

 

返済している途中で、すごくつらいと思いました。

 

結局そのカッコいい彼との付き合いは、3か月しかもたなかったのですが、別れた後にもずっと借金だけが残ってつらかったです。

 

ホームエステ器具はその後8年近く活用出来たので良い買い物になりましたが、10万円の痩身コースと10万円の美顔コースがもったいなかったなと反省しています。

 

恋に落ちてしまったら、こんな風に金銭感覚まで狂ってしまうのかもしれません。

 

借金は大変苦しい経験でしたが、何とか返済できる金額だったので良い経験になったのではないかと思います。

 

今後はもう少し、大きなお金を使う時にはよく考えていこうと反省しています。

 

アコム過払いを取り戻す!法サポ
http://xn--n8jzb8h5a8n6i515tlcyatgav90h2p0g.com/

書店で出会った本好きの女性

私は本が好きで、特に買う本がなかったとしても書店によく立ち寄るのですが、世間の人が本離れしているという傾向の中、この人は本当に本が好きなんだなあと思った女性に出会いました。私が、とある書店で気になる本をチェックしていると、そこへ大きなカゴをかかえた30代後半から40代前半くらいの女性が私の隣にやってきました。

 

 その女性は、すでに大きなかごの中に数冊の本が入れられていて、さらにまた本を買おうと私がいたコーナーにやってきたようでした。

 

 

 私もたまに数冊買うことはありますが、その女性のように大きなカゴに本を入れて買うことはありませんでしたので
私はその光景にとてもびっくりしてしまいました。

 

最近では、急速に活字離れがすすんでいるなどとメディアでは報じられていますが、まだまだそんなことはなく、本というものはしっかりと人々に根付いているんだということを実感し、私はとても嬉しくなりました。

 

 最近では、電子書籍というものが普及してきて、確かにそれならば本の管理が楽ですし、スペースも取りませんので良いとは思いますが、私はまだ電子書籍には手を出せず紙ベースの本を第一に考えています。
 出版業界もなかなか厳しいでしょうが、本好きもまだまだ存在していますので、そういう人たちのために頑張って欲しいと思っています。